スクラビング法とバス法の磨き方の違い

スクラビング法とバス法の磨き方の違い

子供の頃に、歯科医院や学校で「正しい歯の磨き方」について教えてもらった人も多いかもしれません。
しかしその歯の磨き方は、あくまでも健康な人の歯の磨き方です。
そして健康な人の歯の磨き方は「スクラビング法」と呼ばれ、歯周病初期の人の歯の磨き方は「バス法」と呼ばれています。

 

では「スクラビング法」と「バス法」とでは、歯の磨き方がどのように違うのか紹介していきます。
まず「スクラビング法」は、健康な人の歯の磨き方なので、多くの人にとって馴染みのある磨き方です。

 

その磨き方は、歯茎を傷めずに、歯の磨き残しを減らすために、歯面に対して90度に歯ブラシをあてます。
そして歯に対して、歯ブラシを直角に当てた状態で、小刻みに左右に動かして磨きます。
そうする事で、歯ブラシの毛束が直角に当たるため、まんべんなく歯を磨く事が出来ます。

 

ちなみに健康な人の歯磨きでは、歯ブラシは表面が一直線にカットされた通常の歯ブラシを選びます。
奥歯までしっかり磨けるように、グリップ付きのもので、毛は硬めは避けて普通を選びましょう。
あと女性は顎が小さいため、しっかり歯ブラシを動かすためには、ヘッドは小さいサイズがオススメです。

 

次に「バス法」とは、歯周病初期の人が行う正しい歯磨きの方法です。
「スクラビング法」とは異なり、歯茎に対して45度に当てるのがポイントとなります。
なぜ45度なのかというと、毛先が歯周ポケットに入り、歯茎のケアが出来るためです。

 

少し出血してしまう事もありますが、気にせずに磨いて下さい。
「バス法」に適した歯ブラシは、歯茎に負担がかからないように、必ず毛先が柔らかく細いタイプを選びましょう。
 

関連ページ

口内炎の原因と予防方法について
口内炎の原因と予防方法について
善玉菌を増やすタブレット
善玉菌を増やすタブレット
歯周病を侮らない
歯周病を侮らない

このページの先頭へ戻る