口内炎の原因と予防方法について

口内炎の原因と予防方法について

口内炎が出来て、口の中が痛い、そんな経験をした事がある人は多いでしょう。
実は口内炎の原因は、多岐に渡るため、要因を特定する事は難しいと言えます。

 

しかし口内炎が出来る頻度が高い人は、注意が必要です。
なぜかというと、口内炎の原因の中には、免疫力の低下や口内で細菌が増殖しているサインかもしれないからです。

 

免疫力が低下して、細菌が増えやすい状況で、口内で虫歯菌や歯周病菌が増加してしまうと、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

 

そのため虫歯や歯周病になる前に、口内の細菌を減らし口内炎を出来にくい状況にする事が重要です。
ではどうすれば、口内炎を予防する事が出来るのか、予防方法について紹介します。

 

口内炎の予防として取り組んで欲しい事は、食生活の改善です。
特に粘膜を強化し、免疫力をアップさせる成分として、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCを摂取する事を心掛けましょう。

 

食生活以外にも、免疫力をアップさせる生活として、規則正しい生活や適度な運動、ストレスを溜めこまずに、解消するようにして下さい。

 

そして口内環境も清潔な状態をキープする事が重要です。
毎食後の歯磨きとうがいを徹底的に行い、また口の中が乾燥すると免疫力が低下するため、小まめに水分を摂取しましょう。
あと唾液の分泌量を増やす事も重要なので、ご飯をよく噛んで食べたり、ガムを噛んだりする事も有効的な方法です。

 

他にも最近注目をされているパーフェクトペリオには、細菌を死滅させる働きがあるため、口内の細菌の増殖を抑え、口内炎の予防に効果的です。

 

歯磨きを指導してくれる先生として予約が殺到しています。


このページの先頭へ戻る