予防歯科の重要性

予防歯科の重要性記事一覧

口内炎の原因と予防方法について

口内炎が出来て、口の中が痛い、そんな経験をした事がある人は多いでしょう。実は口内炎の原因は、多岐に渡るため、要因を特定する事は難しいと言えます。しかし口内炎が出来る頻度が高い人は、注意が必要です。なぜかというと、口内炎の原因の中には、免疫力の低下や口内で細菌が増殖しているサインかもしれないからです。免疫力が低下して、細菌が増えやすい状況で、口内で虫歯菌や歯周病菌が増加してしまうと、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。そのため虫歯や歯周病になる前に、口内の細菌を減らし口内炎を出来にくい状況にする事が重要です。ではどうすれば、口内炎を予防する事が出来るのか、予防方法について紹介します。口内炎の予...
続きはコチラ

善玉菌を増やすタブレット

パーフェクトペリオは、口内の細菌に対して殺菌力が高く、虫歯菌や歯周病菌を死滅させる効果があります。虫歯菌や歯周病菌は、死滅させる事で、虫歯や歯周病予防の効果があり、細菌が死滅する事で口内環境がキレイな状態になるというメリットがあります。しかし口内の細菌は、全てが悪玉菌という訳ではなく、善玉菌も存在しています。ですがパーフェクトペリオでは、悪玉菌だけ殺菌し、善玉菌だけ残すという事は不可能です。そして善玉菌が減少してしまうと、口内環境のバランスが崩れてしまい、免疫力が低下してしまったり、逆に細菌が繁殖しやすい環境になってしまったりするので、実は逆効果になる可能性もあります。そのため必ずしも高すぎる...
続きはコチラ

スクラビング法とバス法の磨き方の違い

子供の頃に、歯科医院や学校で「正しい歯の磨き方」について教えてもらった人も多いかもしれません。しかしその歯の磨き方は、あくまでも健康な人の歯の磨き方です。そして健康な人の歯の磨き方は「スクラビング法」と呼ばれ、歯周病初期の人の歯の磨き方は「バス法」と呼ばれています。では「スクラビング法」と「バス法」とでは、歯の磨き方がどのように違うのか紹介していきます。まず「スクラビング法」は、健康な人の歯の磨き方なので、多くの人にとって馴染みのある磨き方です。その磨き方は、歯茎を傷めずに、歯の磨き残しを減らすために、歯面に対して90度に歯ブラシをあてます。そして歯に対して、歯ブラシを直角に当てた状態で、小刻...
続きはコチラ

歯周病を侮らない

パーフェクトペリオが最も効果を発揮するのは歯周病予防です。ところで、歯周病の恐ろしさについて皆さんはどれだけご存知でしょうか?プラークという細菌の塊は、2つの性質を持っています。1つは、歯に対する強い吸着性です。口腔内に存在する最近の多くは、水や唾液によって洗い流されてしまいます。しかし、歯に付着したプラークは簡単に剥がれ落ちることはありません。通常、ブラッシングのように強い力をかけなければ歯に寄生し続けるのです。もう1つの性質は歯茎への炎症作用です。プラークが歯と歯茎の間に溜まると、そこで歯茎に強い炎症反応が発生します。これを長期間放っておくと、歯と歯茎の間に隙間ができてしまうのです。この隙...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る